人権ポケットブックⅡ⑩「ドメスティック・バイオレンス(DV)」


ドメスティック・バイオレンス(DV)とは、配偶者(事実婚も含む)や、恋人・パートナーなど親密な関係にある人から振るわれる暴力のことです。

DVは重大な人権侵害行為です。2012(平成24)年の内閣府調査では、女性の3人に1人が配偶者からの被害経験があり、約10人に1人は何度も受けている。という調査結果が出ています。

また、配偶者暴力相談支援センターへの相談件数は年々増加し、平成24年度は89,000件以上の相談がありました。

このパンフレットでは、なぜDVが起こってしまうのか。暴力の実情とその類型、被害者を支える制度などについて分かりやすく解説しています。


手にとりやすく、配布しやすいサイズ。イベントに、各戸配布に最適です。

表紙、奥付にお名前をいれて印刷することも可能です。


内容サンプル(JPG)

○ご注文はこちらから
メールの場合
FAXの場合
名入れの場合


もくじ


ドメスティック・バイオレンス(DV)とは

DVにおける暴力の類型

DVが起こる背景

子どもを巻き込むDV

DVかと思ったら…

DV被害者を支える


■規格 A6判 16頁

■発行 2014(平成26)年3月

■改訂 2016(平成28)年3月

■価格(税抜)
一般 93円(送料別)
会員 75円(送料無料)