人権ポケットブックⅡ⑨「アカデミック・ハラスメント」

 

近年、大学などで、学生等が教授等から上下関係を背景とした嫌がらせを受けたとして訴えるケースが増えています。

しかしこのように表に出るケースは氷山の一角であり、被害者が自殺や退学に至るまで発覚しないような深刻なケースもあり、明らかな人権侵害だと言えます。

これらは学問の場(アカデミック)での嫌がらせ(ハラスメント)であることから、アカデミック・ハラスメント、略して「アカハラ」と呼ばれています。

アカハラとはどのような問題なのか、そして、この問題をどのように解決し、防止すべきかを分かりやすく解説したパンフレットです。

 

手にとりやすく、配布しやすいサイズ。イベントに、各戸配布に最適です。

表紙、奥付にお名前をいれて印刷することも可能です。

 

内容サンプル(JPG)

○ご注文はこちらから
メールの場合
FAXの場合
名入れの場合

 

もくじ

 

アカハラとは

アカハラはなぜ起こるのか

アカハラの実態

アカハラではないかと感じたら

アカハラを防止するには

 

■規格 A6判 16頁

■発行 2012(平成24)年12月

■価格(税抜)
一般 93円(送料別)
会員 75円(送料無料)