ごあいさつ


ユネスコ憲章の前文に、「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」という有名な一節があります。戦争をなくし平和を築くには、教育がもっとも重要であることを端的に表現する言葉として、おそらく世界中で一番よく引用される一節でしょう。


同じことは、人権についても言えます。「差別は人の心の中に生まれるものであるから、人の心の中に人権のとりでを築かなければならない」と。


国連では、近年「人権の主流化」ということがしばしば語られます。その意味するところは、人権を専門家や専門部署にまかせるのではなく、すべての人、すべての部署が、人権をよく理解し、実践する必要があるという考え方です。


すべての人の心の中に人権のとりでが築かれるよう、当センターは全力を尽くしてまいります。どうぞ変わらぬご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


公益財団法人 人権教育啓発推進センター
理事長 横田洋三