同和問題の今、そして未来に向けて【増補・改訂第3版】

 

「同和問題の今、そして未来に向けて~すべてのひとの人権のために~」

【増補・改訂第3版】

 

本書は、稲積謙次郎・当センター上級特別研究員(元総務庁地域改善対策協議会委員)が、同和問題の「今」と「これから」を、ジャーナリストの視点から分析し、その本質について迫ります。誰にでも分かりやすい内容で、また、人権啓発担当者にとっては必読書です。増補・改訂第3版では、部落差別解消推進法の解説を追加しています。

 

主な目次

  • 「同和問題はもう終わった」のか?
  • 法の下の平等原則に立ち返る
  • 部落差別解消推進法成立の意義と課題
  • 「人権同心円」論
  • 新たに社会問題化した戸籍謄本の盗用や土地差別事件に見る現実
  • インターネット上のデジタル差別
  • 結婚差別 ~「血筋」って一体何だろう
  • 女子高校生の涙の訴え
  • 気に懸かる人権意識 ~無関心とアレルギーの実態
  • いじめも部落差別も同根
  • 今日の人権課題を考える六つのキーワード

    ①弱者が、より弱者を差別する構造

    ②「つくられた異質性」による差別

    ③人間の尊厳と自尊感情

    ④人権の共存 ~分かりやすい人権の定義

    ⑤百の同情より、正しい一の理解

    ⑥風評被害 ~メディア・リテラシーの重要性

  • 「えせ同和、正体見たり、枯れ尾花」
  • CSR ~免罪符型、自己防衛型から社会的責任型へ転換
  • 寝た子を起こすな論の正体
  • 私も寝た子を起こされた
  • 事実をオープンにすることが正常化の最大の近道
  • 禁句を超えて
  • 「人権行政」とは何か ~不作為が最大の罪
  • シンドラーと杉原千畝 ~「一人を救う者は世界を救う」
  • 不屈の言論人・菊竹六皷 ~一少女の死に注ぐまなざし
  • 吉田松陰と部落解放第一号 ~人権は時代を切り拓く
  • 21世紀は「人権の世紀」の意味
  • むすび ~60点主義のすすめ

 

ご購入はコチラ

■規格 A5判 111頁

■発行 2015(平成27)年11月

■改訂 2017(平成29)年5月

■価格(税抜)
一般 500円(送料別)
会員 400円(送料無料)