プレゼント(ビデオ)

 

★2010年8月よりDVD版の販売を開始いたしました!

 

制作にあたって

人権とは、私たちが幸せに生きるための権利で、私たちの日常生活のいちばん基本のルールといえるでしょう。この人権を尊重する意識を効果的に普及させるためには、幼少年期における子どもの人権感覚を育成することが極めて重要です。

しかし、子どもをめぐる人権問題は、いじめを始めとして、体罰、不登校、児童虐待などさまざまな問題があり、大きな社会問題となっています。

いじめの原因についてはさまざまなことが考えられますが、他人に対する思いやりやいたわりといった人権尊重意識の後れがあると思われます。いじめを解決するためには、お互いの異なる点を個性として尊重する人権意識を養うことが重要です。

この作品は、子どもたちに、身近な問題であるいじめについて考えてもらうことにより、自分の人権の大切さに気づき、さらに自分と同様に他の人の人権も大切であることに気づいてもらうために作られました。家庭や学校、地域で、人権についての意識を育てるための教材としてご活用ください。

2004年優秀映像教材選奨最優秀賞受賞
文部科学省選定[対象:小学校(中学年)、少年向]

ストーリー

小学4年生の綾香は、同級生の美由紀の誕生日に手作りの写真立てをプレゼントする。それは、美由紀のことを思って作ったプレゼントであったが、美由紀の気に入るものではなかった。腹をたてた美由紀は、それから綾香にいじわるを始める。

美由紀がいじわるをするようになってから、それまで仲の良かった茜や恵まで綾香を避けるようになり、やがてクラス中が綾香を仲間はずれにするようになった。ただひとり、クラスで孤立している麻里だけが綾香をかばったが、ある出来事をきっかけに、綾香は学校を休んでしまう。

 

企画 : 法務省人権擁護局、財団法人 人権教育啓発推進センター
制作 : 株式会社 毎日映画社
監修 : 全国人権擁護委員連合会事務局、人権擁護委員 川野堂子

 

声の出演
綾香:宮島依里 / 美由紀:弓場沙織 / 麻里:藤原美央子 / 恵:前田ゆきえ / 茜:こおろぎさとみ / 純一:浅野まゆみ

 

スタッフ
プロデューサー:嶋崎 英祐、迫 瑞希 / シナリオ:田中美智子 / 演出:藤井正和 / 絵コンテ:篠崎佳久子 / 作画監督:吉崎誠 / 原画:山崎登志樹、鳥潟 美佳、古宇田文夫 / 美術監督:田中 静江 / デジタルペイント:スタジオキャッツ / 選曲・効果:スワラ・プロダクション / 録音:スリーエススタジオ

 

※活用の手引き書つき

活用の手引き書のデータ、および登場人物の画像データは、下記からダウンロードすることができます。教室などで本ビデオをご活用される際、印刷してご利用ください。なお、ファイルはいずれもワードのデータファイルとなっております。

手引書 / 登場人物解説

 

ご注文はこちらから

平成15年度制作
上映時間17分 <字幕入り>

価格

DVD 一般 5,349円(税抜・送料別) / 会員 4,280円(税抜・送料無料)
上映時間15分 <字幕有・無選択可>
※平成15年当時の法務局エンドロールは入っておりません。
※取り扱いは、当センター直販のみとなります。

 

 

【「子ども」関係のその他の発行物】

  ポケットブック⑨「子どもと人権」
  人権ポケットブックⅡ②「子どもの虐待」
  人権啓発冊子「みつけて人権」
  子どもの権利(パンフレット What’s JINKENシリーズ)
  もしかして児童虐待?(リーフレット)
  コンパシート【羅針盤】子どもを対象とする人権教育総合マニュアル
  見上げた青い空(ビデオ)
  クリアファイル② ―いじめ防止編―