二〇五〇年 変わる日本 変わる社会 公務員と人権について考える

 

 

二〇五〇年 変わる日本 変わる社会

公務員と人権について考える

 

 

 本書は、当センター上級特別研究員の馬場周一郎さん(ジャーナリスト・元西日本新聞記者)が、日本の総人口が1億人を割り込むと予想される2050年に向けて、これからの「人権施策はどうあるべきか」の積極的アプローチとして提言を記したものです。「人権を守るフロントランナー」である行政に携わる方々が、その職責の重さを再認識されるきっかけになること願うものです。

 また、本書が示す近未来への考察は、企業をはじめとするあらゆる組織、そして私たち一人ひとりにとっても、これからの人権を考える上での道標となることでしょう。

 

 

主な目次

 

第1章 2050年に向かって~自治体を直撃する三つの大波

 (1)人口減少

 (2)少子高齢化

 (3)細る地域力

第2章 2050年の人権問題~越境する「世界基準」~

 (1)外国人労働者と人権

 (2)家族と人権

 (3)いのちと人権

 (4)技術と人権

第3章 2050年の人権行政~このまちに暮らす人の笑顔のために~

 (1)「責務の保持者」としての自覚を

 (2)「衝突する人権」の行方

 (3)「差別をなくす力」とは何か

 

注文用紙はコチラ

■規格 A5判 96頁

■発行 2018(平成30)年4月

■価格(税抜)
一般 500円(送料別)
会員 400円(送料無料)