子どもの権利 改訂版(パンフレット What’s JINKENシリーズ)

What’s JINKENシリーズ
子どもの権利 改訂版


人権に関するさまざまな課題について詳しく取り上げた「What’s JINKEN」シリーズの、「子どもの権利」の内容を一部改訂しました。

近年、国内外でより深刻になっている「ネットトラブル」や「性的搾取」の問題について記述を加えるとともに、子どもの人権に関する必要な情報を、各種資料をまじえてわかりやすく解説しています。自己啓発から、自治体や企業の人権啓発担当者の方々まで幅広くご利用いただけます。研修等の副読本としても最適です。



内容サンプル(PDF)

ご注文はこちらから


もくじ

はじめに―なぜ「子どもの権利」なのか―

1.日本における子どもの権利に関する現状と課題

(1) 不登校

(2) 心とからだのゆとり

(3) 体罰・いじめ

(4) ネットトラブル

(5) 虐待

(6) 性的搾取

(7) マイノリティの子どもなどへの差別

2.国際社会と子どもの権利保障

(1)世界における子どもの権利の状況

(2)国際社会における子どもの権利についての取組み

(3)条約の実施に向けて

(4)ユニセフのプロジェクト「子どもにやさしいまち」

3.子どもの権利に対する日本の歩み

(1)条約までの歩み

(2)「子どもの権利条約」の批准

(3)国レベルの条約の実施

(4)地方公共団体レベルの条約の実施

おわりに -子どもたち自身の取組みとそれへの支援-

資料

・児童の権利に関する条約

・武力紛争における児童の関与に関する児童の権利に関する条約の選択議定書

・児童の売買、児童買春及び児童ポルノに関する児童の権利に関する条約の選択議定書

・子どもの権利関連年表


■規格 A4判 28頁

■発行 2005(平成17)年3月

■改訂 2014(平成26)年10月

■価格(税抜)
一般 325円(送料別)
会員 260円(送料無料)