芝大門人権講座 「生きる支援と『いのちの総合相談会』  ~自殺者数を半減させた『秋田モデル』のこれから~」を開催します!≪受講無料≫

 警察庁の統計によると、2016(平成28)年の日本における自殺者数は21,897人で、2003(平成15)年の34,427人をピークに、年々減少する傾向にあります。

 日本では、2006(平成18)年10月に「自殺対策基本法」が施行、翌年6月には「自殺総合対策大綱」が策定され、「自殺予防週間」や「自殺対策強化月間」などの政策の下、様々な取組が行われてきました。

 しかし、人口10万人当たりの自殺者数を示す自殺死亡率を諸外国と比較すると、日本は6番目に高く、中でも若年層の自殺と事故の死亡率を先進7か国で比較すると、自殺が事故死を上回ったのは日本だけです。

 また、日本財団が2016(平成28)年にWHO(世界保健機関)の世界自殺予防デーにあわせて実施した「日本財団自殺意識調査2016」によると、4人に1人が「本気で自殺を考えたことがある」という結果が出ています。

そこで本講座では、日本における自殺率ワースト1の秋田県において、中小企業の経営者やその家族3,000人以上の相談に乗り、東日本大震災後には被災地の自営業者等からの相談会を行い、民間・行政・大学が連携するネットワークを結成した先駆的「秋田モデル」を構築するなど、これからの自殺対策のヒントや私たちにできることについて、自殺予防に関する取組を展開するあきた自殺対策センター・蜘蛛の糸の佐藤久男理事長にお話しいただきます。

 

講 師

佐藤 久男 さん

(特定非営利活動法人あきた自殺対策センター・蜘蛛の糸 理事長)

 

■ 日 時

2018年5月11日(金) 18:30~20:00(開場18:00)

 

■ 定 員

40名(先着順・要事前申込)

 

■ 受講料

無料

 

■ 会 場

人権ライブラリー「多目的スペース」

〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F

※ (公財)人権教育啓発推進センター併設

 

■ 申し込み方法

○ メールアドレスをお持ちの方は、件名を「芝大門5月11日」とし、 「①団体(法人名等)・部署名(部・課等)」 「②申込者氏名」 「③電話番号」 「④FAX番号」 「⑤Eメールアドレス」 「⑥住所(所在地)」 「⑦人権センターからの情報提供の可否」 を明記の上、shibajin@jinken.or.jpまでお送りください。

○ ファックス、郵送での申し込みについては、チラシを印刷・ご参照のうえ、必要事項をご記入ください。

 

※ 事前申込〆切: 2018(平成30)年5月10日(木) 16:00まで

 

 

■ 問い合わせ先

公益財団法人人権教育啓発推進センター

「芝大門人権講座5月11日」事務局

〒105-0012 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F

Tel. 03-5777-1802 / Fax. 03-5777-1803

Eメール shibajin@jinken.or.jp